« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月25日 (土)

お人形が動く!?

児童館で人形劇を見ました。

約1時間ほどの公演。人形劇だけではなくパネルシアター、絵本の読み聞かせもありました。

最初から最後までとっても楽しめる公演でした。

長男は最前列のかぶりつきでお友達と一緒に劇を楽しんでいました。歌を一緒に歌ったり、数を10まで数えたり、お人形さんが危ない目に遭いそうになったら「あぶな~い!!」と大声をはりあげたり。見ている側も参加の出来る楽しいお話でした。

が、次男は・・・。どうやら楽しくなかった様子。

以前人形劇を見たときもそうだったのですが、お人形さんたちが動いたり、話したりはじめると・・・

「抱っこ!!!抱っこ!!」

となるのです。前回の人形劇のときはまだ次男の言葉数が少なく、なぜ”抱っこ”なのか分からなかったのですが、今回解明いたしました。

「抱っこ!!抱っこ!!こわい・・・・・」

と言っているのです。どうやら人形が動いて喋ることに恐怖を持っている様子。かわいいウサギちゃんがぴょんぴょん跳ねていても「こわい・・・・・」と。

不思議なんでしょうね。人形やぬいぐるみがしゃべることが。

私も小さいときは着ぐるみの人形が苦手でした。スーパーの広場などで開催されるショーを見に行ったとき(4歳くらい)、近寄って来たくまさんに、大泣きしながらパンチをお見舞いしたことを覚えています。「熊がおそってきた!!」と私は思っていたんです。

2006年11月21日 (火)

少しずつ歩けるよ

三男が生まれてから早10ヶ月が過ぎました。

すっかりハイハイもハイスピードで出来るようになり、つかまり立ち、つかまり歩きもお手の物となりました。

ここ1~2週間の間に、自分で壁や椅子をつたって立ち、手を離し、少しだけ歩けるようになりました。

バランスがうまく保てるときはたたみ一畳(長いほう)ほど歩けることもあります。

外でも歩いて欲しいのですが、靴を履くと歩きにくいのと、道には石や葉っぱなど興味をそそられるものが沢山あり、なかなか歩いてくれません。

兄たちの後を追って公園に行く日が近くなってきました(^^)v

2006年11月14日 (火)

水疱瘡

三男が水疱瘡になりました。実は水疱瘡2回目なんです。

普通は一度なってしまえば免疫ができて2回とならないのですが・・。

1回目、水疱瘡になったのは今年の6月。生後5ヶ月の頃。その時お医者さんに「月齢が幼いのでもう一度なるかもしれませんね。免疫が出来ないかもしれないので」と、このような内容のことを言われていました。

お医者さんの勘は的中!!!(勘ではなく医学的根拠があるのですが・・・)見事2回目の水疱瘡です。

今回は、前回に比べ水疱の数が多く、本人もとっても痒がっています。もちろん10ヶ月の赤ちゃんなのでお話は出来ないのですが、母が見る限りとっても痒そう。睡眠もあまりとれていないようで、機嫌もあまりよくないし・・・。

10ヶ月の赤ちゃん、痒いところをこすったり、かきむしったりしないんですよね。ムズムズ痒そうにしていて、機嫌が悪くなって、泣いて・・。物理的にも背中や、頭頂部には手が届かないこともありますが・・。

親が痒いことに気がつけば、さすってあげたり、薬を塗ってあげたりは出来るのですが・・。でも、どこが痒いの?と聞いても、痒い場所を言ってくれるでもなく。

水疱瘡は痒いけれど、かきむしらないのがいいとは言いますが、機嫌が悪いわが子を見てるのは辛いです。本人はもっと辛いと思いますが。

最近のお薬は良く効く様で、お薬が効いている間は痒みもましなようです。

土曜日に経過を見てもらいに病院に行く予定です。

早く治らないかなぁ・・・。

2006年11月13日 (月)

面接

行ってきました。幼稚園の面接。

何を聞かれるかとドキドキでしたが、終わってみれば何てことない面談でした。

部屋に入ると面接官(教員)が二人。一人は保護者と、もう一人は子供と面談です。

同時進行で保護者と子供の面談をしているたのであまり子供の方の内容は分からなかったのですが・・・。

面談後長男に聞いてみると・・・

”お名前は?””今日はここまでどうやってきたの?””兄弟のお名前は?”などを聞かれたそうです。

そして、先生が四角い紙を手に持ち、”同じのはどれ??”机の上に○・△・□の紙が置いてあり、□の紙を答えられるか。小さな四角い積み木が同じく机にあり、”数えてみようか”と一から五まで数えたそうです。

最後に先生の真似を、ケンケンを一緒にしていました。バランス感覚の確認でしょうか。

一方私のほうはと言いますと。

”入園後ご心配なことはありますか””今までに大きな病気や大きな怪我をされたことがありますか”の問いだけでした。

長男は人見知りが強かったり、お友達の輪の中に入れなかったり、人に噛み付いたりすることもなく、特に心配事がないので、幼稚園へ通わすにあたっては何も心配がありません。しいて言うなら、幼稚園が楽しくて家に帰るのが嫌だとダダをこねそうなことぐらいかなぁ・・・。

2006年11月 7日 (火)

入園願書交付

来年度から、長男が幼稚園に通います。

そのための願書が今日から交付されています。

早速、子供たちを連れ幼稚園に願書をいただきに上がりました。

必要事項を記入し、来週13日(月)に願書を幼稚園に提出し、同時に面談を受けてきます。

長男が幼稚園に通う日が日に日に近づいてきました。

つい最近産まれたと思っていたのに、月日の経つのは早いものです。

2006年11月 5日 (日)

YRV

うちには自家用車が2台あります。

そのうちの1台。ダイハツYRV。中古車店に売却することになりました。

YRVは旦那様の通勤の友。だったのですが、勤務先が電車でも行ける事、車2台の維持費がかさむこと等々で売ることを決定いたしました。

結婚前から乗っていた愛車だったので、旦那様は手放すのが辛かったようですが、いたし方ありません。

YRVさんお疲れ様でした。

2006年11月 3日 (金)

結婚記念日

結婚記念日です。5年目を迎えました。

結婚記念日なのに、立木観音(たちきかんのん)にのぼってきました。

立木さんに行くことが悪いわけではないのですが、なぜに、結婚記念日の今日、700余段の階段をのぼらにゃいけないのでしょうか・・・。・・・・・・・・・ぼやきすぎました(反省)

この700余段の階段。子供たちも上ったんですよ。さすがに0歳の三男はおんぶで上がりましたが、長男、次男共、途中で抱っこすることなく上りきりました!!

長男は何度か立木さんの階段を上っており、今回も「山、楽しいね~♪、階段上るのって楽しい!!」と謎な言葉を繰り返し、ハイペースで上りきりました。

次男は、自分の足で上るのは初チャレンジです。2歳6ヶ月の次男には無理かなぁ~。と思っていたのですが、時間をかけて頑張って上りきりました。スゴイ!!

このスゴイ記録、前例をつくってしまったが為に、次男も長男同様次回からも自分の足で上ることが約束されてしまいました。

Ca2500651 Ca2500701

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »