« 入園願書交付 | トップページ | 水疱瘡 »

2006年11月13日 (月)

面接

行ってきました。幼稚園の面接。

何を聞かれるかとドキドキでしたが、終わってみれば何てことない面談でした。

部屋に入ると面接官(教員)が二人。一人は保護者と、もう一人は子供と面談です。

同時進行で保護者と子供の面談をしているたのであまり子供の方の内容は分からなかったのですが・・・。

面談後長男に聞いてみると・・・

”お名前は?””今日はここまでどうやってきたの?””兄弟のお名前は?”などを聞かれたそうです。

そして、先生が四角い紙を手に持ち、”同じのはどれ??”机の上に○・△・□の紙が置いてあり、□の紙を答えられるか。小さな四角い積み木が同じく机にあり、”数えてみようか”と一から五まで数えたそうです。

最後に先生の真似を、ケンケンを一緒にしていました。バランス感覚の確認でしょうか。

一方私のほうはと言いますと。

”入園後ご心配なことはありますか””今までに大きな病気や大きな怪我をされたことがありますか”の問いだけでした。

長男は人見知りが強かったり、お友達の輪の中に入れなかったり、人に噛み付いたりすることもなく、特に心配事がないので、幼稚園へ通わすにあたっては何も心配がありません。しいて言うなら、幼稚園が楽しくて家に帰るのが嫌だとダダをこねそうなことぐらいかなぁ・・・。

« 入園願書交付 | トップページ | 水疱瘡 »

育児」カテゴリの記事

コメント

子供さんがやったことをちゃんと言えるってことは面接はOKそうですね。
でも小さいときから試験なんて親も大変だけど子供はもっと大変ですね。

こうすけさん

ご訪問ありがとうございます。
”面接”といってもほとんど”面談”のようなもの。まして私立の有名幼稚園を受験しているわけではなく公立の地域のみんなが通う幼稚園。入園前に先生とお話してきただけ、のようなものですよ。

公立の幼稚園があるんですか。
すごいですね。
こちらには保育園しかないんですよ。
もちろん私立の幼稚園はあるけどね^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入園願書交付 | トップページ | 水疱瘡 »