« 久しぶり。 | トップページ | 家族で比叡山に »

2007年1月20日 (土)

子供は体験が大事

夕食の支度をしていると長男が「手伝いたい!!」。

長男と次男はよくお手伝いをしてくれます♪

今日はお鍋なので具材を土鍋に放り込むだけ。なべ奉行の方には許されない行為だとは思うのですが、我が家の鍋は台所のコンロで全てを仕上げてから食卓におろす形態。小さい子供がいるとカセットコンロを使うのが危険なので・・。

と言うわけで、野菜やきのこ、肉団子、豚肉などを土鍋に入れてもらうのを手伝ってもらうことに。

ただ鍋に放り込むだけなのですが、子供にとっては野菜の名前確認しながら丁寧に入れてくれます。

こうやって実際に野菜やきのこ、その他食材の名前を覚えていくんですよね。あと、料理の手順も覚えていっているのかもしれません。

無事に鍋に入れるも全てを入れたところで、台所の”野菜かご”の中を物色。

「ごぼう、にんじん、白ねぎ、たまねぎ・・」と指差しながら野菜の名前を確認。

と、何を思ったのか白ねぎを手に取り

「食べていい??」

”生で食べたら辛いよ・・・”

「食べたい!!」

”・・・・・かじってみる?・・・・”

「♪ガシッ♪・・・・・・・・・・・(舌を出しながら)、マズ・・・」

体験してみないとわからないですよね。

畑から掘りたてやもぎたてのお野菜なら甘くておいしいものがありますが、この白ねぎはスーパーで買ってきたもの。土から離れてかなり時間の経ったもの。甘さはあまり期待できなく・・・。

”お味噌汁やおうどんに入れたらおねぎは甘くなるよ”と補足はしておきましたが、今日のこの一軒で白ねぎ嫌いにならないかしら・・・。

« 久しぶり。 | トップページ | 家族で比叡山に »

育児」カテゴリの記事

コメント

昨年、長男さんといっしょにエビフライを作ったけど楽しかったよ~!!お兄ちゃん料理好きなのかなぁ?
何でも自分でさわったり、体験しないと理解したことにはならないよね。子育てって大変!!

よっちんさん。
ご訪問ありがとうございます。
料理好きになってもらえたら、将来母は助かります。女の子だけではなく男の子も台所に立つ時代ですしね。

料理を手伝ってくれるなんてやさしいお子さんですね。
いろいろ物を食べて、いろんな味を覚えて、好き嫌いができてくるんでしょうね。
ねぎ嫌いになったら大変ですね(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

こうすけさん。
ご訪問ありがとうございます。
人間生きるうえで”食”の欲って大事だと思います。おなかが空いていると力も出ないし、思考も回らない。幼い時に多くの種類の食材を口にすると感情豊かな子に育つとも言われています。せっかくウチの子に生まれてきたのだから、いろんなものを食べて感情豊かな子に育ってもらいたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶり。 | トップページ | 家族で比叡山に »