« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

泳ぐ練習

夏はやっぱりプールが一番!ということで矢橋帰帆島公園プールへ行ってきました。

帰帆島公園のプールに行くのは初めて。噂ではかなり込み合うと聞いていたのですが・・・・朝一番で行ったからなのでしょうか、結構空いてます。

Ca390977

Ca390978

Ca390979

大小二つのプールがあるのですが、一つは小学校のプールと同じ25mのもの、深さも小学校にあるものと同じくらいだと思います。

もう一つは幼児用の円形プール。大人の膝下ほどの深さしかないので2歳の三男も楽しく遊べました。

あとスライダーがあるのですが、このスライダー身長制限があり120cm以上の身長が必要です。残念ながら、我が息子達は滑ることが出来ませんでした。っま、そのうち滑れるようになるでしょうけど。

浮き輪にアームバンドとフル装備で挑みましたが、思ったより水深が浅かったので、長男と次男は途中から浮き輪もアームバンドもなしで遊んでいました。

幼稚園年長の長男はこの夏のうちに、水に顔がつけれて、伏し浮きが出来れば良いなぁ~☆と思い、練習することに。

幼稚園のプール参観のとき先生が、フラフープをトンネルに見立て、フラフープの下半分は水の中に上半分は水面に出して輪くぐりをされていました。子供達はフラフープをくぐるうち、最初は顔が濡れるのを嫌がっていた子供達も輪くぐりが楽しくなるにつれ、少々顔が水に濡れても平気になり、しまいには顔を水中につけながら輪くぐりを楽しむ子達もいました。

我が長男も積極的に顔を水につけて輪くぐりを楽しんでいたので、このままうまく誘導すれば、長い時間水中に顔をつけていられるかも。と思っていたので、今回矢橋のプールで”泳ぐ練習”をすることにしました。

おだてられると調子に乗ってチャレンジする長男の性格。

少し水に顔がつけられたら「すごい!!」と褒めて、

頭全部が水につかったら「すごい!!」と褒めて

浮き輪につかまりながらバチャバチャバタ足をしたら「すごい!!」と褒めて、

浮き輪につかまり、顔をつけてバチャバチャバタ足をしたら「すごい!!」と褒めて、

「浮き輪なしでココまで(1.5mほど)泳げる??」と聞けば

「できるわぁ~♪」と自信満々。

全身が水中につかり、バチャバチャとやれば・・・・

「泳げた!!すごい!!」(溺れているに等しいのですが・・・・)

今回で水に全身をつける恐怖はなくなったようです。あとは少しずつフォームを整えていって、息継ぎができれば小学校のプールの時間も怖くないっ!!

まだ夏休みは始まったばかり、何度かプールに通って5mくらいは進めるように練習してくれたらなぁ~と思っています。

2008年7月29日 (火)

夏休み 九州へ(その4) 7/22(火)~25(金)

前原市にある"白糸の滝”にも行ってきました。

落差24Mの白糸の滝。滝つぼ辺りは気温も低く、マイナスイオン効果なのかとても気分が良く、滝の前に座って居れば時を忘れそうな気持ちになります。

Ca390953

とても水が美しく、滝つぼのすぐ下流ではアマゴが♪

Ca390954

それにしてもすごい数のアマゴが泳いでいますΣ(゜◇゜ノ)ノ

よくよく周辺を見ると・・・"釣堀”の文字。

天然の滝を利用しての”アマゴの釣堀”。

ちなみに前原の白糸の滝ではアマゴ釣りも、そうめん流しも楽しめます。地域上げての観光スポットなのでしょうかね!?

☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆

楽しかった九州旅行もここまで。

毎年我が家族のわがままを聞き入れてくださってくれる兄・姉に感謝です。

また来年の夏もよろしくお願いします。

夏休み 九州へ(その3) 7/22(火)~25(金)

九州の親戚宅に行く楽しみの一つ”海”。

私達家族の住む滋賀県には海がなく、水で遊ぶとなるとプール、琵琶湖、川遊びと全て淡水での水遊びになります。もちろん、海に出かけて遊ばれる方は沢山いらっしゃいますが、我が家は近場で遊ぶことが多く、海には今回の九州旅行のように特別なときにしか行って遊びません。

子供達は九州のおじさん・おばさん宅に行くともれなく"海”が付いてくる♪と思っています。

親戚宅から海岸までは程近く、水着に着替えて家を出発できる距離。

しかも水は美しく、遠浅の海岸。有名なビーチというよりは地元の方々が利用しているビーチといった感じなので、込み合うこともなく、広く長い海岸線を貸切状態で遊べます。

長男(6歳)と次男(4歳)はアームリングを肩につけ、お父さんの浮き輪につかまり足のつかない場所で波にゆられ楽しく海を満喫。

一方三男(2歳)は波が怖い様子。波打ち際の一番波を感じるところで半泣き状態。

湾になっている海岸なので、いっそのこと波打ち際ではなく、少し沖の方に行った方が波を感じにくく、波にのまれることも少ないのですが・・・。

時間が経つにつれ三男も少しずつ波にもなれ、父・母・子供達3人の家族全員で足のつかないとこでプカプカと浮き輪を頼りに浮き、楽しい時間を過ごすことも出来ました。

家族で一つの遊びを楽しめる幸せを感じました。いつまで子供達は親に付き合って遊んでくれるのでしょうね??

海での遊びはとても体力を奪われます。

朝一で遊び始めた海。昼前にはもう疲れてしまいシャワーを浴びに家に帰りました。

家でシャワーを浴び終え、お風呂好きな我が家族は大きなお風呂でのんびりしようと近所のスポーツ施設が併設されている健康ランド(?)元気くらぶ伊都に行ってきました。

広いお風呂、露天のお風呂で疲れを癒し、昼食も施設内でいただきました。

私の勝手なイメージなのですが、こういった健康ランドのような施設ではあまり美味しい食事に出会えず、無難な感じの食事を用意してくださるイメージがあります。

が、ここの食事は美味しかったぁ~♪♪

特別高い料金を払って、特別料理をいただいたわけではなく、一般的な定食と、オムライス、お子様ランチをいただきました。

子供ができてからわかってきたことですが、お子様ランチを丁寧に調理されている食事処は、大人が注文する食事も美味しいのです。

子供が食べるものだから・・・・と冷凍食品を温めただけのような食事を出す店があります。しかし子供の味覚は正直です。

子供は自分が美味しいと思わない食事は食べません。

子供メニューに力を注ぐお店では、全てのお客さんに美味しい食事を提供しようという気持ちが伝わってくることが多いです。

私達がいただいた食事も美味しかったですが、子供達がおなかがいっぱいのあまりに残した鳥のから揚げや、チキンライスを食べた時、「お子様ランチの方がいろいろと美味しいものがちょっとづつ食べれるから、こっちを頼めばよかったなぁ~」と思ったほどです。

福岡は海も近く、農村地も近く、都市部があり人口も多く流通があることからか、食事でハズレたことがありません(^^)v

新鮮なものを新鮮なうちに、季節のものを季節のうちに食べられるこの地域が羨ましく思いました。

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*

その4に続く

夏休み 九州へ(その2) 7/22(火)~25(金)

  親戚宅は福岡県なのですが、今回は少し足を伸ばして大分県玖珠郡九重町と熊本県阿蘇市にも行ってきました。

大分県玖珠郡九重町には”九重 夢 大吊橋”という日本一の人道吊橋があります。

標高777m地点に、長さ390m・高さ173mの天空の散歩道。

雄大な山間にかかる吊橋は爽快な気分で観光ができ、わたることが出来ました。

Ca390958

Ca390959

橋を渡りきり爽快な気分でいる私達とは裏腹に長男は浮かない顔つき(o`3´o)ム-

何を怒っているのかと問いただしてみると

「山に登るの!!!」とご立腹。

現地に着く前に「吊橋がある山に行く」と説明をしていたのですが・・・・どうやら長男は”吊橋のかかってる山を登山する”と思っていた様子。

山登りの大好きな長男。日本一の吊橋よりも登山を楽しみにしていたのに、駐車場に車を停めたその目の前に吊橋があったので面白くないのなんの( ゚皿゚)キーッ!!

しかも吊橋を渡り終え、次に行こうと思っている"阿蘇”の話を親達が始めたから更に激怒!!!

一応・・・というか、阿蘇も立派な火山。

とはいえ、今回は観光目的なので登山をすることは予定にはなく((´д`υ))ドウシヨウ

涙を流しながら「山に登りたいの!!!」と訴える長男をなだめ、次に行く阿蘇の話をし、なんとか車に乗ってもらいました。

それにしても、長男がこんなに”山好き”に成長していたとは驚きです∑(=゚ω゚=;)。山好きの父にしてこの子ありです。

九重から”やまなみハイウェイ”を経由して阿蘇へ。Ca390967_2

(←阿蘇の外輪山の一部)

Ca390968

(車窓から:前方に阿蘇山が見えます↑)

どこまでも続く阿蘇の大きさにびっくり。

阿蘇は典型的な二重式の火山。阿蘇山といえば阿蘇五岳を中心にした中央部の山々を呼ぶことが多く、広い意味では外輪山や火口原をも含めた呼び名です。

外輪山は南北25km、東西18km、周囲128㎞もあり、世界最大級の火山。阿蘇は火の国熊本のシンボルであり、高岳(1,592m)を最高峰に根子岳(1,433m)、中岳(1,506m)、烏帽子岳(1,337m)、杵島岳(1,321m)と連なっている阿蘇五岳、ほぼ900mの高さで火口原を囲む外輪山等どれを取っても第一級の風景です

(阿蘇市役所観光ページより抜粋)

長い距離を車で走行、しかも高低差がある山道をクネクネと走行し少し車酔いをしてしまいましたが、なんとか火口付近へ到着。Ca390967_4

Ca390957_3

Ca390956_3

Ca390969

Ca390968_2

火口付近の世界は言葉ではなかなか表現しにくいのですが、地球の生きた部分、作られた世界ではなく地球を創ってきた所。偉大で恐怖さえ感じました。

視覚的には今までに見たことのない地球で、岩や石目の前にある全ての風景がスクリーンに映される映画のセットのようで、地球ではなく他の星のようで、無機質の物質が迫ってくるようで、飲み込まれそうで・・・。

言葉でうまく表現できないのがとても残念です(><。。)

私が、阿蘇火口付近で感動を覚えているとき、早々に帰路に着こうとする・・・・・・・・長男。

どうやら”火山とは””火山が爆発したら”の話を父親達から聞かされた様子。

「火山が爆発したらすごい勢いで逃げなあかん!!すっごい勢いで走らな!!」

しかし火山が爆発したら人間が走ったくらいでは逃げ切れないと聞くと、

「車で逃げな!!」

車のスピードでも無理と聞くと

「新幹線に乗らないと!!」

この火口付近に新幹線が走っていないと気が付くと

「爆発する前に早く来るまで帰らないと!!!」

・・・・・・・・・と、言うわけで長い時間かけてたどり着いた阿蘇山火口付近の観光を早々に切り上げ帰路に着く羽目に(oノε`o)アゥ~~

もっと阿蘇を満喫したかったのですが、命の危険を感じた長男を説得するのは難しく・・・。

またこの地に来れたらいいなぁと後ろ髪を引かれながら福岡に戻ることになりました。

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*

その3に続く

夏休み 九州へ(その1) 7/22(火)~25(金)

毎年のように夏休みには九州に出かけます。親戚の家を頼ってバカンスを楽しむのが恒例行事となっています。

と言うわけで、今年も九州旅行に行ってきました。

幼児がいて荷物が多く、家族の頭人数の多い我が家は新幹線や飛行機で移動するよりも、時間はかかりますが車で移動する方が便利でお値段が格安。さらにETCの夜間割引を利用するとさらに40%引き!!

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*

22日午前3時起床。4時までには高速に乗らない深夜割引が使えません。

荷物は前夜のうちに車に詰め込んで、出発時に子供達を詰め込んでd(・∀-d)イッテキマ-ス!!

よほど九州の親戚宅に行くのが楽しみだったのか、6歳の長男は午前3時に起床。「早く九州に着いたらいいのになぁ~」と大はしゃぎ。

旦那と私、交代で運転をすること約9時間。途中朝ごはんやトイレでSAに寄ったものの、ほとんど車中でじっとしていた子供達。疲れてることは確実。

九州で最寄の高速を降りたのがちょうど昼時。

本来ならすぐにお昼ご飯を食べたいところなのですが、疲れきった状態で食事を摂ると子供達は余計に体調が悪くなり、食事を吐き戻してしまいます。

なので子供達の疲れを癒し、気分転換のために近場の温泉へ。

まむし温泉”というところへ行ってきました。

とても気分の良い温泉でした。

山間ののんびりした雰囲気、サンサンと輝く太陽の下であるにも関わらず気持ちの良い風が吹きぬける中での露天風呂。

露天には少しぬるめの湯船、ヒノキ風呂、打たせ湯、樽湯、そしてワイン風呂や緑茶風呂とバリエーション豊かなお風呂に子供達だけではなく私も大はしゃぎ。

屋内の浴場は大浴場、サウナ、水風呂。子供達は水風呂に大はしゃぎ。ちょっとしたプール気分だったようです。

疲れを癒し、体調が戻ったところでお昼ご飯。

本来なら玄界灘でとれたおいしいお魚料理を食べたいところですが、やはりここは子供達の体調のことを考えていきなれたファミレスへ。

温泉で心身ともに癒されて、おなかもいっぱいになった頃、夕立が・・・。

スコールのような夕立に見舞われながらも「南国に来たなぁ~」と嬉しい気持ちになりました。

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*

その2に続く

2008年7月28日 (月)

夏休み、はじまりましたねー☆7月21日(日)

今年、我が家の夏休みは初っ端から飛ばしております==33

7月21日(日)

滋賀県立朽木生き物ふれあいの里センター”へ行ってきました。

「行ってきました・・・」というよりは、ついでに寄っただけなんですけどね。

翌日の7月22日(月)~、親戚の家にお邪魔することになっていたので「滋賀のお土産を」と思い、花折に鯖寿司を購入しに大津市葛川へ。ココの鯖寿司はとっても肉厚で美味しいです。値段はちょっとはりますが美味です☆☆インターネットでも購入できるみたいです。

で、せっかく葛川まで足をのばしたので、子供達が楽しく遊べるところにも行ってみようと、さらに足を伸ばして朽木まで行ってきました。

Ca390851

”センター”と名はついていますが管理棟と手入れされた"森”があるだけです。

”森”で小動物や野鳥・植物の観察し、自然とのふれあいを楽しめる所です。

我が息子達&父親はこのような自然いっぱいの場で遊ぶのが大好き。

というわけで散策を楽しんできました。

Ca390852

Ca390854

Ca390855

Ca390856

Ca390858

Ca390857

”森”に入ってすぐに

「森には沢山の生き物が住んでいるから、その生き物を驚かしたらあかんで。人間が生き物たちの住む森に入らせてもらっているんやから。

もし自分の住んでいる家に知らない人が侵入してきたらどうする?逃げたり、攻撃したりするやろ。

森の動物達も同じで、危険だと思ったらまず逃げようとするから、逃げるすきを生き物達にあたえてあげること。

もし動物達に逃げるすきを与えてあげなかったら・・・・攻撃してくるで!!」

と父親が話した矢先、長男の目の前をマムシがニョロニョロニョロニョロ!!!

長男はこの光景をみて「生き物の住む森に入らせてもらう」と実感した様子。

むやみやたらに走り回ったり、小動物が隠れていそうな草木の茂っているところに入り込んだりすること無く、森の散策を楽しみました。

野鳥のさえずりが聞こえる中、水辺では蛙やイモリを見つけたり、散策道では大きなほう葉の葉っぱを見つけたりと子供達なりに楽しく生き物と触れ合えたようです。

このセンターには指導員の方もいらっしゃるので、また子供達がもう少し大きくなったら指導員の方々から森の楽しさを教えてもらえればなぁと思っています。

2008年7月20日 (日)

虹ができた☆

夏休み二日目。

子供達は今日も朝からプールです。

プールに水が溜まるのを待ちきれず子供達はプールに入って遊び始めました。

すると子供達が

「お母さん!!虹ができた!!二つもあるでぇ~♪」

Ca390839

ホースを上に向けて虹を作って遊んでます。

これじゃいつまでたっても水が溜まりません(*_*)

しかしまぁ良しとしましょ。夏休みですものね。いろいろおもしろ発見もしてもらわないと(^^)。

2008年7月19日 (土)

夏休み

夏休みが始まりましたオゥ♪(σ゚∀゚σ)⌒ィェィ♪

休みの日ってなぜだか早起きになる我が家族。どんだけ遊びたいのか・・・・

朝6時子供達3人と母起床。

早々に朝ごはんをすませ、長男は一輪車の練習。2学期の運動会の時にまでに乗れるように練習です。ずいぶん前に購入した一輪車ですが、今だ乗れない長男。近所のお友達や幼稚園の友達の中にはとても上手に乗りこなしている子もいます。

運動会のとき、年長さんは自分の出来ることを披露する種目があります。一輪車、竹馬、鉄棒、フラフープ・・・。個人的な感想ですが"一輪車が花形”だと思っています。なので、わが子にも是非一輪車で花形を飾っていただきたい!!出来ればメリーゴーランド(一輪車に乗ったまま2人組で手をつなぎその場でくるくるとまわる)をやってもらいたいです。

てなわけで、この夏休み中に一輪車に乗れるようになってもらいたいわけです。。

その後KUMONの宿題をして・・・まだ7時30分・・・・・。

夏休み初日、朝から飛ばしすぎ状態です┣¨┣¨┣¨┣¨(;,゚Д゚)┣¨┣¨┣¨┣¨==33==33

朝8時。もうすでに、時間をもてあましている子供達。

「9時になったらプールしようかぁ・・・・」

というわけで、9時過ぎにやっと家の前にプールを出して外遊び開始。

1

プールを用意していると、近所のお友達もやってきてくれました。

みんなでプール、夏休みの醍醐味です☆☆☆。

「プールがたのしい!!」といっても、2時間も入っているとさすがに子供達もあきてきて、11時にはプール終了。

朝ごはんが早かったこともあり、いっぱい遊んだこともありで子供達は「おなかすいたぁ~」

お昼ごはんまであと1時間と微妙な時間ですが「おにぎりなら、少し早めのお昼ご飯にでもなるし♪」ということで握ったおにぎ約3合弱。子供達三人であっという間に完食!!!!!どんだけ食べるんでしょう???

おにぎりを食べ終わった直後の三男。

Ca390838

寝ています。しかも、とんでもない状態です。よっぽど疲れていたのでしょうね(^^;)

日ごろから2歳の三男はお昼寝をしています。いつも次男と遊ぶだけでも疲れてしまう三男。

今日から約40日間は長男も一緒です。やはり長男と遊ぶと体力の使い方が激しいらしく、とてもとてもとても疲れてしまうようです。

まだ夏休み初日。子供達3人はどれだけいっぱい遊んでくれるんでしょうねぇ~♪♪♪楽しみです。

もちろん親も子供達に負けじと遊びますよぉ~(*'艸3`):;*。 プッ

2008年7月15日 (火)

ひよこクラブ 次男7月

児童館でのひよこクラブの今日、暑いです。

暑いこの日に”体操の先生と身体遊びをしよう”とのテーマ。

しかも集合場所が冷房設備のある児童館ではなく、市の体育館。

間違いなく蒸し風呂(><。。)

と思っていても、私のわがままで次男の楽しみにしているひよこクラブをお休みするわけにはいかないので・・・・。

頑張って体操してきました( ´∀`b)b

「体操の先生と・・・」とあるように、今回はいつものように児童館の先生達が指導してくださるのでなく、外部から体操の先生をおよびして指導を受けてきました。

今回指導をしてくださったのは”藤田真緒先生”。体操競技で10回も国体に出場された経験をおもちの先生。

「国体に出場したのは何十年も昔の話。今は年齢と戦ってます!!」

と笑顔で話されておられました。そんな藤田先生、デモンストレーションで、素敵な体操を披露してくださいました。

側転・リボン競技・バク転・柔軟・・・・・

年齢と戦っているだなんてとても思えない身のこなしSUGEEEEEEE(゚Д゚)EEEEEEEEEEE!!!!

で、私達親子が楽しんできた体操。

柔軟や筋トレをするような厳しいものではもちろん無く、4歳児が楽しく遊べる体操でした。

♪♪かえるのうたが~ きこえてくるよ~・・・・♪♪

と親子みんなで歌いながらジャンプしたり、背筋を伸ばしたり、内腿を伸ばしたり・・・・と簡単な体操。

タオルを結んでキャッチボール、広げたタオルの上に子供を座らせてソリのように親がこどもを滑らせて(引っ張って)あげたり、長い縄跳びの上を一本橋にみたて、まっすぐ歩く・カニさん(横)歩き・後ろ歩き・・・・・etc・・・・etc・・・・・。

どれも簡単で、日ごろ遊んでいることの延長のような感じでした。

親子共にとっても楽しかったです。

次男も「おもしろかったなぁ~♪」と大満足。

そう言えば、「家でもやってあげてくださいねぇ~☆」と先生言っておられました。

が・・・・・この暑い時期、外でやるには暑すぎる、家の中じゃ狭すぎる・・・・。

また今度児童館に行ったときにでもやってみようかなぁ~(;゚∀゚)=3=3

2008年7月14日 (月)

やっとプール開き

やっと、家のプール開きです。

朝から旦那と次男と三男が頑張って空気を入れてました。

Ca390833

近所のお友達の家の前にも一週間前くらいからプールが用意されていて、我が息子たちは早く家のプールにも入りたかった様子。

プールに水を張り、遊んでいると近所のお友達も一緒に入ってくれました♪

みんなではいると楽しいもんね♪♪♪

☆☆☆☆☆☆☆

Ca390827

南側に向いている我が家のこの窓。

毎年夏場、暑くて昼からはシャッターをおろしてしまう始末。

すだれをかけるのも風流ですが、更に風流に朝顔を植えてみました。

朝顔より、ゴーヤやへちまのほうが葉っぱが大きくて茂りやすいらしい・・・。来年はゴーヤかへちまにチャレンジしてみよう!!

桐生キャンプ場

梅雨の明けきらない週末。とはいえ、雨が降っているわけでもなく、気温は真夏並み。

朝ごはんを食べているとき長男が 「どっか行きたいなぁ~」 と一言。

こんな日には涼をとろう!!ということで、急いでおにぎりをにぎりお茶を入れて、毎年夏に川遊びをしている”桐生キャンプ場のオランダ堰堤”に行ってきました。

Ca390828_2

Ca390830

気温は高かったものの、水温は少し低め・・・。

足首くらいまで水に入る分には気持ちがいいのですが・・・膝より深く入るにはちょっと気合を入れないといけないくらいの水温の低さ。

とはいえ、子供たちは浮き輪を手に楽しく水遊び♪♪

そんな中、母は子供たちが持参した魚とり網を振り回して魚とりに挑戦。

成果は1.5cmほどの何の魚かわからない小さな魚を3匹GET♪

Ca390831

長男はこの魚を家に連れてかえりたかった様子ですが・・短時間水槽に入れているだけで弱ってきた様子の魚。

かわいそうなので川に戻して帰ってきました。

(写真:水槽の向こうに写っているのは、おにぎりを食べている次男(^^;))

2008年7月10日 (木)

にこにこさん 次男7月1回目

幼稚園のにこにこさんに行ってきました。

今回は”水遊び”

ビニールプールをいくつも用意してくださっていて、そのプールの中にボールや発泡スチロール、手作りの金魚のおもちゃなど沢山のおもちゃがあり、子供たちは大はしゃぎ。

Ca390824

とても暑い日だったので、次男は何度もサンダルを脱いでプールに入りそうでしたが・・・・・・、今回は水遊びのみ。プールはまた次回・・・・。

次回も同じようにビニールプールに沢山のおもちゃを用意してくださるそうです。そして、次回は水着を持参してもよいとのこと。

次回のプール遊び、とっても楽しみです♪

びわ湖こどもの国でお泊り保育!?

7月5日(土)~6日(日)、高校時代からの友人とその家族で高島市にあるびわ湖子供の国へ行ってきました。

高校時代よりの友人達とは独身時代には旅行に行ったりしていましたが、それぞれが結婚し、子供を産み生活環境が大きく変わってしまったここ最近は日帰りで遊ぶことが多くなりました。

しかし今回は日帰りではなく泊まりで。乳飲み子のいないメンバーとその家族で”お泊り”を企画しました。子供たちにとっては”お泊り保育”といった感じの企画です。

そもそもびわ湖こどもの国は

”大型の児童館で、子供たちの健康を増進し、情操を豊かにするための施設”(びわ湖こどもの国HPより抜粋)

子供たちのための施設なので、未就学の子供たちも安心して遊べ、宿泊できる施設です。

初めての外泊訓練にはもってこいの場所だと思います。

Ca390804

Ca390806

Ca390807

子供たちはこどもの国に着いたとたん、公園へ向かって一目散==33

広い芝生に沢山の遊具、梅雨の季節にも関わらずお天気が見方をしてくれ、外でめいいっぱい遊ぶことが出来ました。

幼い子供たちには少し難しい遊具もありますが、滑り台をしたり、走り回ったりといろんな遊びを楽しんでいました。

梅雨の時期とはいえ、小学校ではプールの授業が始まっている季節。

今回お楽しみのひとつで、水遊があります。

1日目はびわ湖の水際を散策したのみ。2日目の水遊びに備えます。

Ca390805

こどもの国では雨が降ってしまっても”虹の家"で遊ぶことも出来ます。

Ca390800

トランポリンや卓球、室内遊具も充実しています。

フォーラムと呼ばれる広いスペースではボール遊びも可能です。また、クライミングウォールや、トレーニングルーム(トレーニングマシンあり)で汗を流すことも出来ます。

いたるところに絵本や図鑑などの子供たちの楽しめる本も置いてあり、自由に読むことも出来ます。

めいいっぱい遊んだ後、夕食を済ませ、お風呂にも入り、夜涼しくなってからの夏のお楽しみ、花火。

打ち上げ花火は禁止されているので、手持ちの花火を楽しみました。

Ca390801

Ca390802

花火を楽しんだといっても、ドタバタだったのが現実。

未就学児達が暗闇で花火を振り回しているのですから・・・・かなり危険です。

子供たち6人が

「花火ちょうだい~」

「もう終わった・・・どこに捨てるん??」

と、ウロウロ・・・・・ウロウロ・・・・・・・。

花火を持って、ウロウロ・・・・・・・ウロウロ・・・・・。

親たちは流れ作業のように花火を手渡し、火を点け・・・

「危ない!!」「こらぁ~人に向けない!!」と怒鳴り続け・・・・風流とは程遠い花火大会。

とはいえ、花火初チャレンジの子達もいたので、素敵な花火の思い出になったと思います。

花火が終わり、部屋に戻るともう寝る時間!!就寝準備開始。

一部屋に20人が泊まれる大きな部屋。部屋の真ん中にアコーディオンカーテンがあり、大きな部屋を半分にすることも出来ます。

この大きな部屋に自分達(父・母)で布団をひき、添い寝をしてあげたり、絵本を読んだりしているうちに、子供たちは夢の中へ・・・。

二日目。

朝食をいただき、部屋を片付け、早速昼食のBBQの準備へ。

お父さんグループはタープを張ったり、BBQコンロ等の準備。

お母さんグループは食材を買いに。

近江地鶏の美味しいお店があり、そこまで買いに出かけたまではよかったのですが・・・道がわからず、なかなかたどり着けずお買い物に時間がかかってしまうハプニングもありましたが、鶏肉・牛肉・野菜・おにぎり等を購入し急いでおなかをすかしている子供たちのもとへ。

Ca390799

多いかなぁ・・・と思い買った20個のおにぎりは一瞬でなくなってしまいました。やっぱり外で遊ぶとおなかが空くのですねぇ~。

琵琶湖岸の松林でのBBQ.。

暑い日ではありましたが、水辺の木陰に居ると、気分も良く、そしておなかも満たされ最高な気分♪♪

子供たちは昨日より楽しみにしている、びわ湖での水遊びの方が気になるらしく、おにぎりを食べ終わり、おなかが満たされたらすぐに

「プールに行ってもいい??」

”プール”・・・・・子供たちはびわ湖のことを”プール”と呼んでいました。日本一の湖をプールと言ってのけてしまう子供たちの壮大さにはちょっとびっくりしました∑(-ˇДˇ-ノ;)ノ

Ca390798

琵琶湖の北のほうは水もきれいで、水中眼鏡をつけているお兄ちゃん達は顔をつけて遊んでいました。

その横で我が子供たちも”わにさんあるき”をしたり、浅瀬で寝転がったりと各々楽しい時間を過ごしていました。

琵琶湖は当然海とは違い大きな波が来ないので、幼い子供たちでも水を怖がることなく楽しく遊べます。

子供たちが言うように"海”ではなく大きな大きなプールで遊んでいるような感じです。

あっという間の1泊2日。気の知れた友人達ともっと遊びたかったのは親も、子も同じです。

また、来月どこかで集まるとしましょ♪

2008年7月 3日 (木)

もうすぐ七夕さま

もうすぐ七夕ですね。

ということで、笹飾りを作りました。毎年ながら一番楽しんでいるのは母かも・・・

Ca390743

Ca390742

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »