« 夏休み 九州へ(その4) 7/22(火)~25(金) | トップページ | 手作り物置 »

2008年7月31日 (木)

泳ぐ練習

夏はやっぱりプールが一番!ということで矢橋帰帆島公園プールへ行ってきました。

帰帆島公園のプールに行くのは初めて。噂ではかなり込み合うと聞いていたのですが・・・・朝一番で行ったからなのでしょうか、結構空いてます。

Ca390977

Ca390978

Ca390979

大小二つのプールがあるのですが、一つは小学校のプールと同じ25mのもの、深さも小学校にあるものと同じくらいだと思います。

もう一つは幼児用の円形プール。大人の膝下ほどの深さしかないので2歳の三男も楽しく遊べました。

あとスライダーがあるのですが、このスライダー身長制限があり120cm以上の身長が必要です。残念ながら、我が息子達は滑ることが出来ませんでした。っま、そのうち滑れるようになるでしょうけど。

浮き輪にアームバンドとフル装備で挑みましたが、思ったより水深が浅かったので、長男と次男は途中から浮き輪もアームバンドもなしで遊んでいました。

幼稚園年長の長男はこの夏のうちに、水に顔がつけれて、伏し浮きが出来れば良いなぁ~☆と思い、練習することに。

幼稚園のプール参観のとき先生が、フラフープをトンネルに見立て、フラフープの下半分は水の中に上半分は水面に出して輪くぐりをされていました。子供達はフラフープをくぐるうち、最初は顔が濡れるのを嫌がっていた子供達も輪くぐりが楽しくなるにつれ、少々顔が水に濡れても平気になり、しまいには顔を水中につけながら輪くぐりを楽しむ子達もいました。

我が長男も積極的に顔を水につけて輪くぐりを楽しんでいたので、このままうまく誘導すれば、長い時間水中に顔をつけていられるかも。と思っていたので、今回矢橋のプールで”泳ぐ練習”をすることにしました。

おだてられると調子に乗ってチャレンジする長男の性格。

少し水に顔がつけられたら「すごい!!」と褒めて、

頭全部が水につかったら「すごい!!」と褒めて

浮き輪につかまりながらバチャバチャバタ足をしたら「すごい!!」と褒めて、

浮き輪につかまり、顔をつけてバチャバチャバタ足をしたら「すごい!!」と褒めて、

「浮き輪なしでココまで(1.5mほど)泳げる??」と聞けば

「できるわぁ~♪」と自信満々。

全身が水中につかり、バチャバチャとやれば・・・・

「泳げた!!すごい!!」(溺れているに等しいのですが・・・・)

今回で水に全身をつける恐怖はなくなったようです。あとは少しずつフォームを整えていって、息継ぎができれば小学校のプールの時間も怖くないっ!!

まだ夏休みは始まったばかり、何度かプールに通って5mくらいは進めるように練習してくれたらなぁ~と思っています。

« 夏休み 九州へ(その4) 7/22(火)~25(金) | トップページ | 手作り物置 »

育児」カテゴリの記事

コメント

懐かしいなw
昔は年に一度は行ったな・・・
泳いだ後のあの涼しさがたまらないなw

ヨシフルさん。
ご訪問ありがとうございます。
矢橋のプールは水深が浅いので小学生くらいまでしか楽しめませんが、逆に言うと小学生までしかいないので幼児をもつ母としては安心して遊ばすことが出来ます。
春・秋は公演でいっぱい遊べて、夏はプール、冬は・・・やっぱりふきっさらしの公園で遊べるのが子供には楽しいよね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休み 九州へ(その4) 7/22(火)~25(金) | トップページ | 手作り物置 »