« 読み聞かせ2009.3.17 | トップページ | 読み聞かせ2009.3.18 »

2009年3月18日 (水)

長男 幼稚園の修了式

2009.3.18長男が幼稚園修了を迎えました。嬉しい日です。

たった2年間でしたが、6歳の子供にとっては人生の大半を過ごした幼稚園生活。

「修了式がうまくいくといいなぁ~♪」と最後の登園の時長男が話していました。

何度も練習した修了式のリハーサル。修了式そのものは長男にとっては劇の発表会や歌の発表会のような気持ちだったのでしょうか。

"修了証書授与式" 滞りなく修了証書を受け取れました、歌を間違わずに歌えました。よびかけも間違えずに言えました。全てが快い緊張のなか修了しました。

「修了式、うまくいってよかったわ。」と長男。

修了証書授与式終了後教室に戻り、先生とみんなと教室で過ごす最後の時間。

教室で過ごすこの時間にはリハーサルがありません。

子供たちはぶっつけ本番です。

担任の先生からか再度修了証書を手渡してもらい、先生から子供たち全員へのお祝いのメッセージ。

そして先生へサプライズ企画。子供たちから先生へお花のプレゼント。

一人ずつ先生に感謝の気持ちとお花を渡します。

子供一人ひとりと先生との短い対話の時間。

先生へお花を渡す時、長男なんだかシュンしています。

Syuuryousiki

「いつも元気やのにどうしたん?」

と先生に言われ

長男号泣。

寂しくなったそうです。

お友達全員がお花を渡し終えるまでずーっと泣いていました。

他にも3人ほど泣いてしまった子供たちがいました。

なぜだか全員男の子。

男の先生だったので、男同士の絆が芽生えていたのでしょうか??

ほんとに最後の最後になるみんなへの言葉を話し始めた担任の先生。

言葉に詰まるほど泣かれていました。

「このクラスの担任になれて良かった」

とおっしゃってくださいました。

Tukusi

この写真は修了式前日、幼稚園の降園時に撮ったものです。

つくしの群生を見つけ兄弟三人でつくしを見ているところです。

今日で長男の幼稚園への送り迎えがなくなってしまったと思うとなんだか寂しいです。

4月からは近所のお兄さんお姉さんと共に小学校に通います。

« 読み聞かせ2009.3.17 | トップページ | 読み聞かせ2009.3.18 »

育児」カテゴリの記事

コメント

卒園おめでとう!!
無事、練習の成果が出て、良かったね( ̄▽ ̄)
しかし、最近の男の子は涙もろいのかな?w

小学校になると、かなり楽になるからねー!

ちょっとは、お母さんにも余裕がでるかもね!

ヨシフルさん。
ご訪問ありがとうございます。
ありがとうございます。
素敵な卒園式でした。
男泣きもたまにはいいですよ♪

なりゆきさん。
ご訪問ありがとうございます。
余裕が出来たら何しよう♪

卒園おめでとう!

楽しい思い出がいっぱいあったようですね。
さぁ~、これからはこれからは小学生、遠くからいつも見ています。

卒園おめでとうございます。
次は小学校に入学ですね♪初めて見るお友達にドキドキした自分を思い出します(*^^*)
これから6年間の学校生活頑張って欲しいですね!

おめでとうございます。
長男君号泣だったんですね。

どこの幼稚園もいい卒園式だった・・・それはやはり幼稚園での生活が充実していて子供達にとって子供心なりに素晴らしい園生活が送れたということなのでしょう。

4月から小学生、こちらも親としてはドキドキですが、
今度は小学生として少しずつ自立していけるように暖かく見守ろう・・・と思います。

卒業おめでとうございます。
もう小学生なんですね。
幼稚園行っていると聞いていたけれど、もう卒業なんですね。成長を感じますね。
これからはむずかしい勉強も始まるけど頑張ってくれるといいですね

マタハチさん。
ご訪問ありがとうございます。
そうなんです。もうすぐ小学一年生。
一歩一歩世界を広げて成長してくれています。
親が世界を囲いすぎないように、でもしっかりと見守っていきたいと思います。

ユッピーさん。
ご訪問ありがとうございます。
”友達”沢山作って欲しいです。
幼稚園年長時の担任の先生は「友達を大切にすること」を子供たちに何度も何度も話してくださっていました。
卒園式の日にも「友達は大事やで。今は当たり前に回りに沢山の友達がいるけど、大人になった時その友達の本当の大切さがわかる時が来る」とおっしゃってくださっていました。
幼稚園でも沢山の仲間が出来ました。小学校に行っても友達、仲間、自分を取り巻く全ての人の大切さを学んでいって欲しいです。

日本海1号さん。
ご訪問ありがとうございます。
いろいろな方のご指導と援助で長男は心の優しい子に育ってきたことを、子供の涙をみて改めて感謝しました。
一日一日幼稚園での生活がとても大切で充実したものだったということも実感させられました。
幼児期に培われた心を基礎にして、小学校での生活も楽しいものにしてもらいたいです。

こちょさん。
ご訪問ありがとうございます。
そうなんです。もうすぐ小学生。

私とこちょさんの出会いも小学1年生でしたね。
たった6年間同じ教室で学んだだけなのに、この年齢になってもつながっていられるのは何なんでしょうね?
子供時代に気づかれた友達関係って言うのは、表現しにくいですが、なんか、こう・・・・素敵でいいものですよね(o^-^o)テレ。。
息子達にもそんな友達が沢山出来てもらいたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 読み聞かせ2009.3.17 | トップページ | 読み聞かせ2009.3.18 »