« 読み聞かせ2009.4.12 | トップページ | 読み聞かせ2009.4.13 »

2009年4月13日 (月)

新学期開始

入学式・入園式を無事に迎え、新学期が始まりました。

長男(小学1年)は毎朝分団登校で小学校へ向かいます。

最近、分団で学校に登校する地域が少なくなっているようですが、我が地域は地域のつながりの一つとして分団で登校します。

上級生のお兄さんやお姉さんと登校してくれることで親はとても安心です。また同じ地域に住む子供たち同士が年齢の差を越えてつながってくれることはとてもありがたいことです。

下校時も分団で帰ってくる日、同じ地域に住む一年生が集団で帰ってくる日があり、自分の家のご近所さんたちと共に帰ってきます。

これもまた親からみるとありがたいところを一杯含んでいます。

次男(2年保育年少)は親と共に登園、降園です。

初めての集団生活で緊張一杯の次男。

でもそれなりに園生活を楽しみ始めています。

幸いご近所さんがクラスに沢山いらっしゃるので、一人で「どうしよう・・・」と不安になることは少なそうです。

園庭でキャッチボールをしたり、滑り台をしたり、お教室で歌を歌ったり、絵本を読んでいただいたりと、楽しかったことを話してくれます。

朝登園した際も、「幼稚園に行きたくない」と言ったり、泣いたりすることもないので安心しています。

今は緊張で一杯ですが、すぐに順応してくれそうです。

« 読み聞かせ2009.4.12 | トップページ | 読み聞かせ2009.4.13 »

育児」カテゴリの記事

コメント

分団、懐かしいな♪
俺も連れてってもらったり、連れて行ってあげたりしたね~
楽しい日々になるとええね~

みんなが、ちょっとずつ、ハードルを超えていってくれる姿が頼もしいですよ!

我が家も、次のハードルを越える段階に入っていますからねgolf

ヨシフルさん
ご訪問ありがとうございます。
分団、地域のつながりがうまれる良い習慣だと思います。
一人じゃないってのが良いですよね。

なりゆきさん
ご訪問ありがとうございます。
子供の成長は嬉しいものです。
親の成長はプレシャーです==33

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 読み聞かせ2009.4.12 | トップページ | 読み聞かせ2009.4.13 »