« 幼稚園の作品展 | トップページ | いただきもの »

2010年12月 7日 (火)

歯の矯正

長男の歯、かなり歯並びが悪いんです。
虫歯治療に行っても、学校の歯科検診でも、市のフッ素流布の時も
「矯正の治療考えたほうが良いですよ・・・」
といわれつづけて早2年。

初めて言われたの小学校上がる前にする就学前検診の際に見つかった虫歯治療のために行った歯科医。

その病院では矯正治療が難しかったので、別の歯科医へ紹介状を書いてもらいました。

矯正専門の歯科医への紹介状。

あれこれ懇切丁寧に治療方針等々お話ください、かなり信頼の出来る歯科医師だったのですが、矯正専門の歯科だったため虫歯治療が出来ないとのこと。

既に長男の口には虫歯があったことも考え、虫歯治療も矯正治療も両方されている専門医を探しました。

隣の市ですが、日本矯正歯科学会の認定医で、かつ虫歯治療もされている先生をみつけ、お話を聞かせてもらいました。

いろいろと相談した結果、この先生に治療を進めていただくことにしました。

歯全体のレントゲン、頭蓋骨のレントゲンを撮りこれから生えてくるだろう永久歯の様子、顎の大きさ、角度を調べ、現在の歯型もとり、今後10年以上続く治療方針を検討した結果、12月5日からまずは上顎・下顎の両方に拡大装置(歯列を拡大する)を付け始めました。

不便な様子の長男ですが、長男自信も「きれいな歯並び」になりたいとのことなので、がんばって治療を進めていきたいと思います。

実は、旦那のお母さんも、旦那の姉も歯並びが良くないんです。遺伝ですかね・・・。
まだ乳歯が2本しか抜けていない次男(6歳)の顎も小さく、乳歯がギュウギュウに生えています。
きっと次男も矯正をすることになるかと・・・。
検査してみないとわからないですがね・・・。

« 幼稚園の作品展 | トップページ | いただきもの »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 幼稚園の作品展 | トップページ | いただきもの »